∴÷goma÷∴のかけがえのない人生の時間軸を、少し歪めて回り道。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
イメージの世界へ
映画が大好き。 昔から。
詳しい訳じゃないけれど、素晴しい世界の中にのめり込んで
現実逃避できる。 そして心がまた少し膨らむ。

たまに発作的にまとめて映画を観る。
ここ数日で観た中で、心が膨らんだ作品。



【蟲師】
mushihsi.jpg

大友氏の独特の世界感が実写となって、映像がリアル。 そしてキレイだった。
主演のオダギリ氏の持つ独特の雰囲気もストーリーにスパイスを与え
古くて長閑な時代に新しさを感じさせる。

この世界って、私の『小鬼』の話の世界感と通じるものがあって
とってもノスタルジックな気分に浸れる。

単に良かったって話じゃなく、5感に響く映画だった。



【ダメジン】
newdvd.jpg

三木監督作品。 とにかくキャストがツボ。

ダメなりに生きる。 測定不能のダメジンぶりに、
観た後思わず自分が幸せな人間だと認識せずにはいられなくなる。
かなり“脱力系”の映画。

自由過ぎて、この狭くてコアな世界感がたまらなかった。



【恋愛睡眠のすすめ】
2007071201.jpg

大好きなガエル・ガルシア・ベルナル主演のフレンチポップ映画。

とにかく、映像の構成がツボ。
ヤン・シュヴァンクマイエルの世界感にデヴィッド・リンチを足して2で割ったような感じ。

ちょっと語弊があるかもしれないけど、
幸せな統合失調症のクレイジー・ワールド。

ミシェル・ゴンドリー監督に脱帽。

アノ頃に戻れたら。。。
ってこれもどこかノスタルジックさを感じさせる作品。



ハリウッド映画も大好きだけれど、
やっぱり素晴しい作品は、邦画だろうと、単館系映画だろうとイイんです。

だから、人の批評なんて私は興味がありません。
私の心が膨らめば、もうそれは私の一部になり、人生の肥やしになるのです。

スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 素ゴマもゴマもgomaのうち。. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。